タバカット・ファハル

タバカット・ファハル[Tabaqat Fahl]はヨルダンの首都アンマンの北西のヨルダン渓谷[Jordan Valley]にある遺跡.

ローマの辺境地域防衛のために,第1次三頭政治の雄である大ポンペイウス[Pompeius Magnus;B.C.106-B.C.48]によるパレスティナ征服の際に結成されたデカポリス[Dekapolis;十都市連盟]の一つであるペラ[Pella]として知られる.

749年のゴラン地震[Golan earthquake]による崩壊.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.






















ボマルスンド遺跡 ジャラシュ ワディ・ラム ウム・カイス アジュルン城 ムシャッタ宮殿