兵庫県

須磨寺石造十三重塔

http://www.digistats.net/image/2006_05/suma_t.jpg

神戸の須磨寺にある鎌倉時代の石塔。礎石の軸部に1327(嘉暦2)年の銘がある他、下方に「仏」を意味する梵字があるほか、薬研彫りであることなど鎌倉時代の特徴がある。須磨寺には人が沢山いたが端にひっそりとある、この石塔を見ている人は少なかった。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:28:29 (3983d)