Corporate and Business History

鉄鋼会社の近代化・合理化投資

第1次1951-55圧延設備の近代化と既存設備復旧。
川崎製鉄:臨海製鉄所(千葉)を建設し、平炉メーカーから高炉メーカーとなる。
平炉メーカーの住友金属工業と神戸製鋼所の銑鋼一貫化。
八幡製鉄、富士製鉄、日本鋼管の先発高炉3社を合わせて6社寡占体制成立。
第2次1956-60八幡製鉄の戸畑、神戸製鋼の灘浜、日本鋼管の水江という臨海地での製鉄所建設。
川崎製鉄の千葉、住友金属の和歌山、富士製鉄の広畑と室蘭といった既存工場の拡充。
第3次1961-1965新鋭製鉄所建設。
八幡製鉄所:名古屋、大分
日本鋼管:福山
川崎製鉄:水島
住友金属:鹿島
神戸製鋼:加古川

参考文献

  • 日本鉄鋼連盟戦後鉄鋼史編集委員会編[1959]、『戦後鉄鋼史』、日本鉄鋼連盟


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:28:08 (4469d)