歴史年表

始皇帝による中国統一

紀元前246年秦の荘襄王が死去。子の政が13歳にして即位。
紀元前238年呂不韋を遠ざける。李斯を丞相として重用。
紀元前227年燕の太子丹は隣国の趙が秦に滅ぼされたことで危機感を抱き、荊軻を刺客として送り込むも暗殺に失敗。
紀元前225年秦の最大の敵である楚を攻めるも敗北。引退していた王翦を将軍に登用し項燕(項羽の祖父)率いる楚軍を破る。
紀元前221年六国の中で最後に残った斉を滅ぼし中国を統一。
政は、自ら始皇帝(シーホワンディー、Shǐ Huángdì)を名乗る。
紀元前214年北の匈奴に備えるために万里の長城を修復。
将軍蒙恬に30万の兵を与えて匈奴を討伐、オルドス地方に版図を拡大。
紀元前213年李斯の進言により、周王朝の再興を願い秦王朝を批判する儒者達の書物を焼き払わせる焚書を行う。翌年、不老不死薬作りに失敗した儒者をも弾圧。
紀元前219年2度目の巡遊の途中、始皇帝は泰山で封禅の儀を執り行う。
紀元前218年3度目の巡遊中、博浪沙(はくろうさ)にて張良による暗殺未遂事件発生。
紀元前210年5度目の巡遊の最中に死去。
紀元前209年陳勝・呉広の乱が勃発。

参考文献

#amazon(4167150174,left,image) #amazon(4167607018,left,image) #amazon(B00005QYNG,left,image)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:01:23 (3985d)