広島県愛媛県岡山県

瀬戸内の城館址

早く訪れてみたいという想いを込めて。。。

城館址名築城者、備考等所在地(旧地名)最寄り駅
能島城南北朝から戦国時代に能島村上氏の居城。愛媛県今治市宮窪町宮窪
幸賀屋敷宮窪の中央に位置し眼下に海が迫る。前面に能島が指呼の間に臨む。背後のカイレ山には能島村上氏の居城・宮窪城があったと伝承される。幸賀屋敷は宮窪城と一体だったと考えられる。愛媛県今治市宮窪町宮窪
見近城伯方島と大島の中間にある見近島にある村上氏による城郭。愛媛県今治市宮窪町見近島
隈嶽城亀老山にある南北朝時代の村上氏による城郭。中腹の34番札所妙法寺には村上義弘の墓がある。また、武志島の長顕寺にあった伝北畠顕成の供養塔もある。北畠顕成は能島村上氏の初代と伝わる。また、山麓の高龍寺は村上筑前守仲宗による開基で村上家歴代の墓所がある。愛媛県今治市吉海町亀老山
見近城址能島村上氏の城。愛媛県今治市宮窪町見近島
姫内城址能島村上氏の城。愛媛県今治市吉海町椋名
武志城址能島村上氏の城。姫内城の枝城。愛媛県今治市吉海町椋名
中渡城址能島村上氏の城。姫内城の枝城。愛媛県今治市吉海町椋名
亀田城址『佐方村上由緒書』によると、因島村上義光が1610(慶長15)年に佐方に移るまで居城としたという。隈嶽城の枝城。愛媛県今治市吉海町福田
原城址隈嶽城の枝城。城址にある原八幡神社は武志城主村上頼員が1233(天福元)年に勧請したもの。愛媛県今治市吉海町仁江
津倉城址醍醐寺領大島庄の中心地にある南北朝期の能島村上氏の城郭址。愛媛県今治市吉海町本庄
木浦城址木浦港の北の岩ヶ峰山に築城された村上水軍城。能島村上山城守雅房の墓所が近くにあることから関係か。愛媛県今治市伯方町木浦
国分山城址能島村上大和守武吉が1571(元亀2)年頃に毛利氏への備えとして築城(『河野分限帳』)。愛媛県今治市国分
新居大島城址村上義弘の居城。愛媛県新居浜市大島
周防上関城址能島村上山城守義顕が築城。三男阿波守吉敏、その子・対馬守武満が城主を務めた。山口県熊毛郡上関町
鳥越城址能島村上武吉の叔父・隆重が築城。岡山県笠岡市神島
笠岡城址能島村上武吉の叔父・隆重が築城。その子・景広が1599(慶長4)年まで城主を務めた。岡山県笠岡市笠岡
本太城址能島村上氏の一族・島越前守吉利が守った備前児島の城。1568(永禄11)年に能島村上武吉に従って、阿波の香西又五郎を討ち取った功により、小早川隆景から賞詞を受け、能島村上武吉から本太(もとふと)城を与えられた。岡山県倉敷市児島塩生
天神山城址初代因島村上備中入道吉豊が1428(正長元)年に備後守護・山名時熙から田島地頭職を与えられ、その子・吉則が築城。後に、因島村上氏ではなく能島村上隆重の城となり、能島村上景広が引き継いだ。広島県福山市内海町田島
鎮海山城址豊臣秀吉の逆鱗に触れた能島村上武吉、元吉・景親が小早川隆景の庇護を受け居城とした。岡山県竹原市竹原町貞光
来島城址初代来島村上顕吉が築城し、康親に至るまで来島村上氏6代の居城となった。愛媛県今治市来島
小島城址来島海峡の小島(おしま)にある城。来島村上氏配下の今岡治部丞が守将を務めた。愛媛県今治市小島
来島氏居館址第4代来島村上通康が来島城から移った居館。これ以降、来島城は詰城として機能。愛媛県今治市波方町波方
怪島城址別府沖斎灘に浮かぶ怪島(けしま)にある段階連廓式水軍城。河野氏の神野左馬允が守将を務めたが、1585(天正13)年に小早川隆景に攻められ落城。愛媛県今治市大西町別府怪島
高仙城址高仙(こうぜ)城は河野氏配下の池原氏の居城。1585(天正13)年に河野氏が滅亡すると、来島通総が支配。愛媛県今治市菊間町種東山
鹿島城址来島城の支城として築城され二神氏が城代を務めた。来島通総が河野氏を離反し豊臣秀吉の旗下に入り伊予を去った後、来島党が通総の兄・得能通之を立てて毛利に対抗した拠点。愛媛県松山市鹿島
恵良城址恵良(えりょう)城は難波氏が居城として築城。南北朝期に忽那氏や河野氏が手を加えた。関が原の戦いの後に来島党が豊後に移されるまで、来島通総の兄・得居半右衛門通之が居城とした。愛媛県松山市上難波
枝越城址来島村上氏配下の今岡氏が大三島の甘崎城に移るまで居城とした。愛媛県今治市伯方町伊方
甘崎城址来島村上氏の武将・今岡氏の居城。後に来島通総が城主となり、村上吉継、藤堂高虎の弟・藤堂大輔が城主となった。愛媛県今治市上浦町甘崎
岩城新城址来島村上右衛門尉吉房が弓削島所務職の時代に築城。愛媛県越智郡上島町岩城
岩城亀山城址岩城島関立を支配した来島村上氏の居城。後に、因島村上氏の城となった。愛媛県越智郡上島町
長崎城址因島村上氏の初期の城。広島県因島市土生町長崎
島前城址村上四郎左衛門直吉の居城。広島県因島町土生町
馬神城址因島村上家三番家老の末長矢治馬景光の居城。広島県因島市重井町
天秀庵城址因島村上家船奉行の片山数馬連総の居城。広島県因島市重井町
青木城址第6代因島村上新蔵人吉充が1567(永禄10)年に余崎城から移って居城とした。愛媛県因島市重井町
青蔭城址今岡氏が築城。1377(天授3)年に信濃村上師清が釣島箱崎浦の戦いで今岡通任を斃し支配。広島県因島市田熊町、中庄町青蔭
大江城址田熊天神山城主にして因島村上家四番家老・宮地大炊助明光が城主を務めた。広島県因島市中庄町
幸崎城址村上丹後守の居城。永正年間(1504-21)に田島・百島村上氏に攻められた。広島県因島市大浜町
千守城址因島村上氏の武将・篠塚貞忠が城主を務めた城。広島県因島市三庄町千守
美可崎城址因島村上家五番家老の南彦四郎泰統が城主を務めた城。広島県因島市三庄町美可崎
余崎城址1555(弘治元)年の厳島合戦で向島を得た因島村上吉充の居城として築城。1567(永禄10)年に青木城に移ると、宮地大炊助の次男・島居資長が城主となる。広島県尾道市向島立花
小歌島城址因島村上吉充が築城した城。広島県尾道市向島町小歌島
茶臼山城址因島村上吉房の子・吉房の子・吉高が築城。広島県尾道市百島町
大可島城址鞆の浦にある。1585(天文13)年に大内義隆から所領を得た因島村上尚吉の三男・左衛門大夫祐康が城主を務めた。広島県福山市鞆町後地
亀島城址島前城の出城。因島村上直吉が城主。愛媛県越智郡上島町生名
宇多城址美可崎城と相対する因島村上氏の城。愛媛県越智郡上島町弓削鯨
高松城址因島村上氏の支城。愛媛県越智郡上島町生名
葛籠葛城址『村上分限帳』によると村上備中守吉光の居城。1580(天正8)年に城主・村上吉高が来島氏に与したとの理由で河野氏に攻められている。愛媛県松山市堀江町


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:00:40 (3500d)