昭和恐慌

1929年

  • 7月:浜口雄幸内閣成立。金解禁政策と緊縮財政を掲げる。

1930年

  • 1月:金解禁実施。
  • 4月11日:鐘紡株の暴落。
  • 7月:生糸恐慌発生。
  • 10月:米価暴落。

1931年

  • 4月:強制カルテル規定と公益規定を含む重要産業統制法を制定。
  • 9月21日:イギリスが金本位制を停止。
  • 12月11日:第2次若槻礼次郎内閣が閣内不一致により総辞職。
  • 12月13日:犬養毅政友会内閣成立。金輸出再禁止。日本の管理通貨制移行。
    • 高橋財政
      • 低為替
      • 低金利
      • 財政拡大

戦時期

1936年

  • 国際収支危機。
  • 日中戦争勃発直後:輸出入品等臨時措置法、臨時資金調整法制定。
  • 工場事業場管理令による主要工場の陸海軍管理下入り。

1937年

  • 10月:企画院設置。物資を陸軍、海軍、民需別に配分する物資動員計画を立案(38年から実施)。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:26:21 (3474d)