横浜

伝北条顕時の墓

http://www.digistats.net/image/2008/08/aki.jpg

称名寺にある。金沢北条顕時(1248-1301)は北条氏金沢流の祖である北条実時の子。鎌倉幕府引付衆、評定衆を歴任。

1285(弘安8)年に内管領平頼綱が安達泰盛を討った霜月騒動において、安達泰盛の娘の千代野を妻としていたことから連座。下総国埴生庄に隠棲し出家。禅に帰依し「伝心法要」の開版などを行った。

1293(永仁元)年に執権北条貞時が平禅門の乱で平頼綱を討つと鎌倉に復帰。鎌倉赤橋に屋敷を構え赤橋殿と呼ばれた。

そして、今は、ここに眠っている。なお、娘の娘釈迦堂殿は室町幕府初代将軍足利尊氏の父の足利貞氏の妻。但し、尊氏の母ではない。

なお、現在ではこちらが貞顕の供養塔とされている。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:23:05 (4671d)