伊達家 仙台藩

伊達政宗がもう少し早く生まれていれば天下を狙えただろう。しばしば、そう言及される奥州の名門伊達家。先祖は京都の藤原氏で藤原高房の次男藤原山陰中納言だとされる。その山陰の流れを汲み、六条判官源為義を母に持ち、常陸伊佐郡に下向していた藤原(伊達)朝宗が従兄弟の源頼朝の挙兵に参加。奥州征伐の功によって陸奥伊達郡に所領を得たのが伊達家の始まり。家紋は「竹に二羽飛雀」。

62万5千石、外様 大広間、国主

歴代藩主

歴代藩主官位・通称出自
初代伊達政宗 Masamune従三位 権中納言伊達輝宗長男
2代伊達忠宗 Tadamune従四位下 陸奥守伊達政宗二男
3代伊達綱宗 Tsunemune従四位下 陸奥守伊達忠宗六男
4代伊達綱村 Tsunamura従四位上 陸奥守伊達綱宗長男
5代伊達吉村 Yoshimura従四位上 陸奥守伊達忠宗八男伊達宗房の長男
6代伊達宗村 Munemura従四位上 陸奥守伊達吉村四男
7代伊達重村 Shigemura従四位上 陸奥守伊達宗村二男
8代伊達斎村 Narimura従四位下 陸奥守伊達重村二男
9代伊達周宗 Munechika-伊達斎村長男
10代伊達斎宗 Narimune従四位下 陸奥守伊達斎村二男
11代伊達斎義 Nariyoshi従四位下 陸奥守一関藩主田村村資四男
12代伊達斎邦 Narikuni従四位上 陸奥守伊達村良の孫伊達宗充長男
13代伊達慶邦 Yoshikuni正四位上 陸奥守伊達斎義二男
14代伊達宗基 Munemoto従二位伊達慶邦四男
15代伊達邦宗 Kunimune正四位伊達慶邦六男


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:23:03 (3412d)