システィーナの聖母

盛期ルネサンスの巨匠ラファエロ・サンツィオ[Raffaello Santi;1483-1520]の1513-14年の作品.

聖母マリアが幼児キリストを抱え,両脇には聖シクストゥスと聖バルバラが控えている.聖母子の足元で天使が頰杖をついているのが印象的.

ラファエロが最後に描いた聖母子像.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















最後の晩餐 四季花鳥図巻 富嶽三十六景甲州石班沢 フォリーニョの聖母子 アレ夕立に ヴァンラティーヌ・テシエの肖像