四季花鳥図巻

江戸時代後期の絵師で琳派の画風を受け継ぐ酒井抱一[1761-1829]による作品.

酒井抱一は姫路初代藩主・酒井忠恭の世嗣・酒井忠仰の子.父は早世し姫路藩主とはならなかったが,実兄の酒井忠以は姫路藩主となっている.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















最後の晩餐 富嶽三十六景甲州石班沢 フォリーニョの聖母子 アレ夕立に ヴァンラティーヌ・テシエの肖像 孤独な木