早春

アレクセイ・コンドラーティエヴィチ・サヴラソフ[Алексе́й Кондра́тьевич Савра́сов,1830/5/24-1897/10/8]の作品.

サヴラソフはロシアの風景画家.

ロシア大公女にして,バイエルン王国[Königreich Bayern,1806-1918]のアイヒシュテット侯領[Fürstentum Eichstätt]を統治するロイヒテンベルク公[Herzog von Leuchtenberg; Герцог Лейхтенбергский]の夫人であるマリア・ニコラエヴナ[Мария Николаевна,1819/8/18-1876/2/21]の招請により,サンクトペテルブルク[Санкт-Петербург]に赴き活動した.また,母校であるモスクワ絵画彫刻建築学校[MSPSA]の教授に就任しつつ,アカデミーとは一線を画する移動派の活動に参加.

しかし,娘の死を契機としてアルコール中毒となり,遂にはモスクワ絵画彫刻建築学校[MSPSA]の教授職も解かれて,世間から忘れ去られる形で世を去った.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















息子 荒野の聖ヒエロニムス 東方三博士の来訪 カンパーニャのゲーテ 寺院における犠牲 湿地と鶴