荒野の聖ヒエロニムス

レオナルド・ダ・ヴィンチ[Leonardo da Vinci,1452/4/15-1519/5/2]の作品.

聖ヒエロニムスこと,エウセビウス・ソポロニウス・ヒエローニュムス[Eusebius Sophronius Hieronymus,347頃-420/9/30]は,四大ラテン教父[Latin Fathers]の一人.ダルマチア[Dalmazia]で生まれ,ローマやアナトリア半島[Anatolia]に遊学した後,アンティオキア[Antioch]で病を患い神学に目覚める.

コンスタンティノポリスにおいてギリシア教父として知られるナジアンゾスのグレゴリオス[329-389/1/25]に出会い,さらに、ローマ教皇ダマスス1世[Damasus I,305頃-384/12/11]に重用された.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















息子 東方三博士の来訪 カンパーニャのゲーテ 寺院における犠牲 湿地と鶴 白樺の林