フィリッポ・リッピ

フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi;1406年〜1469年10月8日)はルネサンス中期の画家にして、フラ・アンジェリコとともに、15世紀前半のフィレンツェ派を代表する画家。フラ・アンジェリコ、ドメニコ・ヴェネツィアーノとともに、線遠近法と陰影表現によってヨーロッパ絵画の世界にリアリズムをもたらしたマザッチョの発展者の一人。フラ・アンジェリコとともにフィレンツェ派の先鞭を付けた。

【収蔵作品】