サンドロ・ボッティチェリ

Sandro Botticelli(1444/45-1510)。フィレンツェにおいて、師匠フィリッポ・リッピとヴェロッキオの様式を融合し、独自の華麗な画風を打ちたてた。代表作としてメディチ家の肖像を描き込んだことで知られる『東方三博士の礼拝』(1475頃)やロレンツォ・デ・メディチ豪華王の要請によるローマのシスティーナ礼拝堂の壁画(1449-94)、そして有名な『ビーナスの誕生』(1484-86頃)がある。

【収蔵作品】