海の景観

イヴァン・アイヴァゾフスキー[Иван Константинович Айвазовский,1817/7/29-1900/5/5]の作品.

イヴァン・アイヴァゾフスキーはウクライナのフェオドシヤ[Феодосія]生れのアルメニア人で帝政ロシア[Российская империя,1721-1917]の画家.

アメリカ写実主義[American Realism]のウィンスロー・ホーマー[Winslow Homer,1836/2/24-1910/9/29]と並び称される世界的海洋画家.クリミア半島で生まれたことが海洋画家としての才能をもたらしたと言える.

オスマン帝国[Ottoman Empire,1299-1922]に招聘され宮廷画家として,第31代皇帝アブデュルメジト1世[Abdülmecid I],第32代皇帝アブデュルアズィズ[Abdülaziz],第34代皇帝アブデュルハミト2世[Abdülhamid II]から多くの作品を委嘱された.

ロシア海軍からも長年にわたって海洋画の委嘱を受けた.

Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.





















息子 聖母子と二天使 若き自画像 受胎告知 自画像 裸婦像