相模岡崎城

伊勢原の岡崎にあるお城。

鎌倉幕府で北条氏に次ぐ実力者だった三浦一族の岡崎義実の居城です。

室町時代、三浦時高は子供がいなかったために、扇谷上杉定正の兄・高救の子を養子に迎えて岡崎城を与えました。これが三浦道寸です。

しかし、三浦時高に子が産まれたために三浦家は分裂。結局、養子の三浦道寸が養父を討ち取って三浦家を再統一します。

しかし、この時、既に北条早雲が扇谷上杉氏の家臣である大森氏の小田原城を奪って岡崎城に迫っていました。

そして、遂には北条早雲が岡崎城も奪い、三浦道寸は三浦半島の新井城へと落ち延びていきます。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.