小田原城

小田原城は伊勢宗瑞[北条早雲;1432-1519]と同盟関係にあった扇谷上杉朝良[1473-1518]方の大森藤頼[-1503]が城主を務めていました。代々、大森家の城だった訳です。そこに、扇谷上杉家のライバルである山内上杉顕定[1454-1510]が攻めかかります。そのため、伊勢宗瑞の弟・弥次郎、扇谷上杉朝良の実父・上杉朝昌・三浦道寸らが城に入り防衛に当たります。しかし、1504[永正元]年までに、小田原城は落城し、大森藤頼は山内上杉顕定方に転じます。

これに対して、伊勢宗瑞・弥次郎兄弟は、扇谷上杉朝良の命により、小田原城を攻略し奪取に成功します。この伊勢宗瑞・弥次郎兄弟のもとに、室町幕府奉行衆の備前松田家が相模国人の松田左衛門尉家の名跡を継ぐ形で馳せ参じ、同じく室町幕府奉行衆から堀越公方奉行衆となっていた美濃遠山家の遠山隼人佐直景[-1533]が加わりました。

posted by N.Tateno.Vita brevis, ars longa. Omnia vincit Amor.