[[ルーツ]]>[[東国諸藩]]
*大沢家(高家)
-藤原道長の子・藤原頼宗から12代目の子孫・藤原基秀を祖とする遠江の名門。
-基秀の所領丹波大沢村を苗字の地とする。
-遠江守護斯波家に仕え、今川家が遠江に進出すると今川家に仕えた。
-桶狭間の戦い後も今川家を離れず徳川家康に抵抗する。
-徳川家康が井伊谷衆(近藤康用、鈴木重路、菅沼忠久父子、菅沼定盈)に命じて堀江城を攻めたことを契機として徳川家康に仕える。
-高家として優遇される。
-明治維新後、虚偽申告によって立藩。
**遠江堀江藩 表高3500石
|20|100|200|300|c
||藩主|官位・通称|備考|
|初代|大沢基宿 Motoie|兵部大輔 左中将|-|
|初代|大沢基宿 Motoie|兵部大輔 左中将|遠江堀江城主大沢基胤の長男、生母は木寺宮。正室は一条信達の娘。&br;徳川家康による堀江城落城後は家康の家臣となる。徳川家康の将軍宣下の際に二条康道と相談を行ったことが高家の実質的な始まりという。&br;徳川家康の従兄弟の吉良義定の子・義弥 Yoshimitsu とともに、1608(慶長13)年に高家職に当たる職位に就任。これは、基宿の母が後醍醐天皇の兄後二条天皇の子邦良親王の血を引く世襲親王家の出身のため。|
|2代|大沢基重 Motoshige|従四位下侍従 右京亮|大沢基宿の長男。生母は一条氏。遠江敷知郡内1000石加重。|
|3代|大沢基将 Motomasa|兵部大輔 従四位上左少将|奥高家。大沢基重の長男。|
|4代|大沢基恒 Mototsune|右京大夫 左少将|奥高家。伊勢国津藩主藤堂高次の四男。天和3年(1683年)3月7日には、吉良義央・畠山義里とともに最初の高家肝入に就任。|
|5代|大沢基隆 Mototaka|但馬守|西丸側高家。不行跡のため一時寄合に降格。大沢基恒養子。|
|6代|大沢基朝 Mototomo|丹波守|奥高家。大沢基隆の子。一時、寄合となるも高家復帰。|
|7代|大沢定寧 Sadayasu|相模守|奥高家。大沢基朝の次男。|
|8代|大沢基之 Motoyuki|右京大夫|奥高家 高家肝煎。大沢基隆の子・近藤英用の六男。|
|9代|大沢基昭 Motoaki|右京大夫|奥高家。大沢基之の子。|
|10代|大沢基暢 Motonobu|右京大夫|奥高家。大沢基昭の子|
|11代|大沢基寿 Motosumi|右京大夫|奥高家。徳川慶喜による大政奉還の上奏文を朝廷に提出。新政府の石高を水増しして申告し立藩。しかし、水増しが発覚し士族に降格。|

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS