Corporate and Business History

中島飛行機略年表

1917

5月:中島知久平が、群馬県尾島町に飛行機研究所を設立。

1918

4月:中島飛行機製作所と改称。

5月:神戸財閥川西と提携し、日本飛行機製作所となる。

1919

10月:帝国陸軍から複葉機を受注。

11月:神戸財閥を離れ、三井物産と提携。社名を中島飛行機製作所とする。

1920

4月:帝国陸海軍から受注。

1921年

3月:量産体制を敷く。

1922年

5月:中島商事を設立。

1923年

4月:中島事務所を設立。

1924年

3月:井荻に東京工場着工。

5月:フランスのローレン社の発動機の製造権を取得。

待遇改善を求めるストライキ勃発。

1925年

11月:東京工場完成。

1930年

2月:中島知久平が衆議院議員に当選。

6月:国産の初の空冷エンジン「寿」を開発。

1931年

12月:富士合名会社設立。

資本金600万円をもって中島飛行機株式会社となる。

中島知久平が犬養内閣下で商工政務次官に就任。

1933年

2月:資本金を900万円に増資。

1934年

9月:資本金を1200万円に増資。

11月:群馬県に太田新工場完成。

1937年

3月:資本金を2000万円に増資。

12月:「組請負実施ニ関スル作業系統」を制定。  

組能率係「作業進行調査書」作成。

1938年

4月:航空機増産の政府方針に応え、太田製作所の大拡張と陸軍発動機専門工場の武蔵野製作所を建設。

1940年

4月:陸軍の動きに触発され、海軍も独立拡充命令を発し、小泉製作所(現群馬県大泉町)を建設。

1941年

2月:太田飛行場開設。

11月:海軍のエンジン製造のため多摩製作所を開設。

12月:三鷹研究所のp着工。

1942年

5月:重要事業場労務管理令により重要事業場に指定。

6月:大宮製作所着工。

8月:半田製作所着工。

9月:伊勢崎第一工場を開設(小泉分工場)

11月:浜松製作所着工

12月:三島製作所着工

1943年

4月:伊勢崎第二工場着工

10月:武蔵野製作所

1944年

1月:軍需会社法第1次指定により軍需省管理下となる。

宇都宮製作所操業開始。

1945年

4月:第一軍需工廠に指定される

8月:軍需省より生産停止命令

富士産業株式会社と改称する

出典:『富士重工業30年史』、『銀翼遥か(太田市)』



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-26 (土) 16:54:29 (4159d)