歴史年表

大化の改新

645年6月12日飛鳥板蓋宮にて中大兄皇子や中臣鎌足らが蘇我入鹿を暗殺。
6月13日蘇我蝦夷が自らの邸宅に火を放ち自殺。
6月14日皇極天皇は中大兄皇子に皇位を譲ろうとする。しかし、中大兄と鎌足との協議の結果、皇弟・軽皇子が即位し、孝徳天皇となる。
9月古人大兄皇子を謀反の罪で処刑。
12月飛鳥から摂津の難波長柄豊碕宮へ遷都。
646年1月改新の詔。

参考文献

日本古代史における最大の事件「大化改新」―一三〇〇余年の時空を超えて、今、ひとつの真相が明かされる。中大兄皇子、中臣鎌足らの真の狙いは何だったのか。蘇我氏はなぜ「逆臣」にされてしまったのか。飛鳥・甘樫丘の最新発掘調査、斬新な『日本書紀』研究、当時の東アジア情勢等を踏まえ、従来とはまったく異なる解釈を浮かび上がらせた驚きの歴史ノンフィクション。
中大兄王子は、大化の改新で蘇我入鹿を殺していなかった! 古代史最大の常識は、ある意図をもって書かれた「日本書紀」による偽りの歴史だった。緻密な検証と推論で、歪められた真実に迫る。
古代最大の豪族、蘇我氏。稲目、馬子、蝦夷、入鹿の四代にわたり権力の中枢に君臨、ついに入鹿にいたり、王権簒奪を企て「己巳の政変」により粛清されたとする『日本書紀』の記述は果たして史実なのか。蘇我氏にあたえられた後世の評価は、「王権簒奪」という先入観により、不当にゆがめられている。本書は、蘇我氏渡来人説をはじめとする蘇我氏にまつわる謎を検証し、その誤解と偏見を取り除き、蘇我氏の復権を図るものである。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-11 (水) 17:42:28 (4030d)