小出家

和泉岸和田藩 5万石

藩主官位・通称出自
初代小出秀政 Hidemasa従五位下 播磨守小出正重の子
2代小出吉政 Yoshimasa従五位下 播磨守小出秀政の長男。
豊臣秀吉配下で播磨龍野城2万石城主、但馬有子山城城主。関が原の戦いで西軍となるも、弟・秀家が東軍であったために出石藩所領安堵。弟と父・秀政の死により岸和田を相続。出石藩は子の吉英が領する。
3代小出吉英 Yoshifusa従五位下 大和守小出吉政の長男。
父・吉政の死後、岸和田藩を相続。

但馬出石藩 6万石→5万石

藩主官位・通称出自
3代小出吉親 Yoshichika従四位下 信濃守小出吉政の二男。
吉政の長男で岸和田藩主吉英が出石藩主となると、丹波園部藩に移封。
4代小出吉英 Yoshifusa従五位下 大和守小出吉政の長男。
岸和田藩3代藩主から移封。
5代小出吉重 Yoshishige従五位下 修理亮小出吉英の二男
6代小出英安 Fusayasu従五位下 備前守小出吉重の長男
7代小出英益 Fusaeki従五位下 大和守小出英安の長男
8代小出英長 Fusanaga従五位下 播磨守小出吉英の四男で一門分家旗本小出英信の二男
9代小出英及 Fusatsugu-小出英長の長男。母は半井成忠の娘。
3歳で死去。無嗣断絶。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-30 (日) 19:07:29 (3919d)