日本建築史

龍岡門

http://www.digistats.net/image/2007_03/tatsuoka.jpg

文京区にある東京大学のの門。医学部の近くにあり、道路にどんと構えている。私が初めて東大に行った時はこの門から入った。とういう次第で、私にとって東大というと龍岡門というイメージがある。内田祥三の設計によって1933年に建築された。建築当初は扉があったというが、現在は扉はなく、来る者拒まずの門となっている。東大の建物は内田ゴシックと呼ばれる様式を持っている。東大を訪れる人はまず、東大の開かれた入り口で内田ゴシックの洗礼を受けることになる。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:28:46 (4553d)