建築史・土木史

y_t.jpg 飛鳥時代

  • 593 
    • 厩戸王(聖徳太子)により土地丈量が行われる。
    • 難波四天王寺が建立される。
      四天王寺は物部守屋との戦いに勝利した蘇我馬子方の厩戸王(聖徳太子)が感謝の意を篭めて建立。南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む四天王寺式伽藍配置を特徴とする。
  • 593
    • 日本最古の本格的寺院である法興寺(飛鳥寺の前身)が建立される。
      『日本書紀』の推古天皇元年正月15日(593年2月21日)の条に「法興寺の刹柱(塔の心柱)の礎の中に仏舎利を置く」とある。
  • 611
    • 百済人によって韓風の呉橋を建設される。
  • 613
    • 飛鳥から難波への大道が開通。
  • 622
    • 厩戸王(聖徳太子)が没する。この時までに法隆寺が建立される。
  • 646
    • 道登が宇治橋を架ける。
  • 648
    • 筑紫に磐舟柵を築く。
  • 667
    • 高安城、屋島城、金田城が築城される。
  • 670
    • 法隆寺:日本書紀巻27に「夏四月癸卯朔壬申 夜半之後 災法隆寺 一屋無餘」(天智天皇9年・670年に法隆寺は一屋余すところなく焼失した)という記事あり。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:28:31 (4553d)