鎌倉年表房総史

関東史

757-武蔵国分寺(現東京都国分寺市)が建立される。
宝亀2年771武蔵国が東山道から東海道に。
貞観3年861各郡に検非違使が置かれる。
延喜9年909立野牧が勅使牧になる。立野牧は現在の東京都東大和市立野近辺とされる。
天慶2年939平 将門、叛乱す。
天永4年1113武蔵七党の横山党が内記太郎殺害容疑で追捕される。
治承4年1180源 頼朝、鎌倉の大倉に御所、侍所を設置。
同年、江戸重長に武蔵国諸雑事を命じる。
寿永2年1183十月宣旨、文治の勅許、源頼朝に征夷大将軍の宣下。鎌倉幕府歴代将軍 鎌倉年表
元久2年1205坂東平氏秩父氏惣領 畠山重忠が北条時政により誅殺される。後、畠山家は足利流となる。
嘉禄2年1226河越重員が武蔵国留守所総検校職に任命される。
寛喜3年1231検校職に関する職権4ヵ条に関する明法勘状が日奉(ひまつり)実直によって提出される。
正和2年1313江戸重通vs江戸政重訴訟で重通が家督を勝ち取る。
正慶2年1333新田義貞軍、鎌倉幕府軍と「久米川の戦い」(現八国山将軍塚)、「分倍河原の戦い」を戦う。この年、鎌倉幕府が滅亡
建武2年1335足利直義軍、北条時行率いる北条軍と府中で戦う[中先代の乱]。
文和元年1352新田義興軍、武蔵野合戦[人見ヵ原の戦い]で足利尊氏軍を破る。
延文3年1358新田義興、多摩川の矢口の渡しで江戸遠江守に謀殺される。
貞治3年1363関東政変。上杉憲顕が上野・越後両守護職と関東管領職に復帰。長尾景忠が守護代として越後入り。
応安元年1368平一揆。坂東平氏、武蔵七党の多くが参加。これにより武蔵武士の名門の多くが没落する。この頃以降、大石氏が守護代として勢力拡大。
応永23年1416「上杉禅秀の乱」に武蔵国が揺れる。豊島氏および南一揆は鎌倉府の足利持氏軍に加勢。南一揆は多摩の中小武士団の連合軍で、その中には武蔵七党の流れを汲む立河雅楽助(多西郡土淵郷[現日野市])の名が見える。
永享10年1438鎌倉公方足利持氏が関東管領山内上杉憲実に敗れる(「永享の乱」)。
享徳3年1454鎌倉公方足利成氏(持氏四男)が山内上杉憲忠を謀殺。「享徳の乱」が勃発する。
康正元年1455太田資長、江戸城築城開始。元江戸城が現在の千代田城の中。
文明8年1476長尾景春、上杉家に叛乱(「長尾景春の乱」)。翌年、景春党、豊島泰経と太田資長(後の道灌)が沼袋原で戦う。豊島氏は石神井城より出陣、太田氏は沼袋城に布陣(現沼袋氷川神社)。豊島氏は大敗を喫し多数の戦死者を残し平塚城に撤退。平塚城落城とともに小机城に篭城するも、要害小机城も太田氏により落城。これによって豊島宗本家は滅亡する。
長享元年1487山内上杉家と扇谷上杉家が覇権を競い戦う[長享の乱]。関東とりわけ武蔵国は、「禅秀の乱」、「永享の乱」、「享徳の乱」、「長尾景春の乱」によって動揺し、さらにこの「長享の乱」によって荒廃を極めた。
永正元年1504立河原の戦い」で扇谷上杉朝良軍、今川氏親・伊勢宗瑞軍が山内上杉顕定軍を破る。伊勢宗瑞は、後の後北条早雲。
永正7年1510後北条氏による関東攻略開始。扇谷上杉氏被官上田蔵人入道政盛が相模権現山城を築城。北条長氏に呼応して叛旗。
大永4年1524北条氏綱が「高輪原の戦い」で、扇谷方の江戸太田資高と呼応し、扇谷上杉朝興を下し江戸城入城。扇谷上杉朝興は河越城へ敗走。江戸城には遠山直景、富永弥四郎を据える。
永禄4年1561北条氏康が上杉謙信方の三田綱秀(現東京都国立市保谷三田館)を討つ。
天正11年1583北条氏照が品川住民に対して「人返し令」発布。
天正18年1590北条軍の八王子城が豊臣軍の前田利長らにより落城。この年、三河の徳川家康が江戸に移封される。家康は樽屋藤左衛門と奈良屋市右衛門を町年寄に任命、江戸の都市開発が開始される。
慶長8年1603江戸開府。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-27 (日) 20:59:26 (2401d)