23区

長府藩邸跡(毛利庭園)

http://www.digistats.net/image/2008/06/mouri.jpg

今は六本木ヒルズが立つ地(東京都港区六本木6-9)。ここには、江戸時代、長府藩毛利家の麻布日々窪上屋敷があった。六本木ヒルズの建設に伴って多くの遺構は失われた。しかし、このように庭園として一画が保存されたのは素晴らしい。

デートスポットにもなっている長府藩邸上屋敷。長府藩は戦国時代の覇者毛利元就の四男穂井田元清の子の秀元を始祖とし下関に藩庁を置いた3.6万石の外様大名。秀元は長州藩の毛利輝元の養子でもある。

歌集『七石集』で知られる3代藩主綱元(1650-1709)の時代に、幕命により赤穂浪士10名を受け取り、藩邸にて切腹の介錯をした。そう、この地は本懐を遂げた赤穂浪士の終焉の地でもあるのだ。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:09:01 (3865d)