関東史

長尾景春の乱

家宰・白井長尾家の台頭を嫌った山内上杉顕定は白井長尾景信が1473(文明5)年に死去すると、景信の嫡男・四郎左衛門景春ではなく総社長尾家の忠景を跡目とした。 これに対して白井長尾景春が山内上杉家の本拠地・五十子陣(埼玉県本庄市)を離脱し、白井城(群馬県渋川市)、続いて鉢形城(埼玉県寄居町)にて叛旗を翻した。

この動きに対して、山内上杉側からは、

  • 長尾六郎
  • 下総葛西領主・大石石見守
  • 武蔵二宮城主・大石駿河守
  • 相模小沢城主・金子掃部助
  • 相模小磯城主・越後長尾五郎四郎
  • 溝呂木城主・溝呂木氏重
  • 小机城主・矢野兵庫助

が長尾景春に与した。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:08:53 (3194d)