横浜

金沢実時像

http://www.digistats.net/image/2008/08/sanetoki.jpg

鎌倉幕府の評定衆北条実時(1224[元仁元]-1276[建治2])。金沢に別宅を営んだことから金沢を名乗った。4代執権北条経時、5代北条時頼の側近あった。そして、8代執権北条時宗を安達泰盛とともに支えた人物。第2代執権北条義時と伊賀朝光娘の子。伊賀朝光の娘と言えば、義時の急死後、娘婿の一条実雅を将軍に、子の政村を執権に就けようと伊賀氏の乱を起こした人物。

実時は叔父の政村の娘を妻ともしている。実時は文永の役の後にまだ若いのに政界を引退している。権謀術数渦巻く鎌倉に嫌気が差していたのかもしれない。

しかし、この引退は金沢文庫という文化遺産を残すことに繋がった。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:28:08 (4671d)