ルーツ

酒井家(勝山藩)

http://www.digistats.net/image/2008/10/himeji.gif
【姫路剣酢漿草】

出自

  • 清和源氏新田氏流あるいは大江氏。
  • 三河国碧海郡酒井村あるいは幡豆郡坂井郷が発祥地。
  • 松平家初代松平親氏と酒井家の間に産まれた酒井親氏が祖。

系譜

http://www.digistats.net/image/2008/10/sakai.jpg

安房勝山藩 1万2千石

藩主官位・通称出自
初代酒井忠国 Tadakuni従五位下 大和守 越前守
奏者番 寺社奉行
酒井忠朝四男。
1651(慶安4)-1683(天和3)。
酒井忠朝は若年寄まで勤めた。しかし、他の幕閣との対立から廃嫡。小浜酒井家の領地である安房市部に移り没した。弟で小浜藩を継いだ忠直は、忠朝の子の忠国に安房領を分知。
2代酒井忠胤 Tadatane従五位下 備前守酒井忠国長男。
母は毛利就隆の娘。正室は石川憲之の娘。
1679(延宝7)-1712(正徳2)
3代酒井忠篤 Tadaatsu従五位下 越前守酒井忠胤長男。
母は石川憲之の娘。正室は前田正甫の娘。
1703(元禄16)-1737(元文2)
4代酒井忠大 Tadamoto従五位下 大和守酒井忠篤長男。
正室は石川総慶の娘。継室は藤堂高豊の養女。
1726(享保11)-1756(宝暦6)
5代酒井忠鄰 Tadachika従五位下 越前守酒井忠大次男。
正室:酒井忠恭の養女(酒井忠用の娘)。
1747(延享4)-1809(文化6)
6代酒井忠和 Tadayori従五位下 大和守酒井忠鄰長男。
母は酒井忠恭の養女(酒井忠用の娘)。正室は井上正国の娘。
1775(安永4)-1810(文化7)
7代酒井忠嗣 Tadatsugu従五位下 越前守
大阪加番 奏者番
酒井忠和次男。
正室は酒井忠実の娘。
1795(寛政7)-1851(嘉永4)
8代酒井忠一 Tadakazu従五位下 安芸守酒井忠嗣次男。
母は酒井忠実の娘。正室は本多忠興の娘。
1823(文政6)-1860(万延元)
9代酒井忠美 Tadayoshi従五位下 大和守 子爵酒井忠一長男。
正室は酒井忠禄の娘。
1858(安政5)-1923(大正12)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:27:59 (4472d)