千葉県

遠見岬神社

http://www.digistats.net/image/2003_04/tom.jpg

朝市の行われる通りに入る路に面した場所、つまりは勝浦の市街を見下ろす地にある。

祭神は房総開拓の祖神天富命であり、八幡岬突端に鎮座していたが、津波で流され慶長6(1601)年に宮の谷に再建。さらに、万治2(1659)年に現在地に遷座された。現在の社殿は嘉永2(1849)年の造営。

ひな祭りには、社殿へと至る参道の階段が雛壇となることで知られている。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:27:55 (3412d)