情報学計算論的組織論

計算論的神経科学

脳の機能は情報処理である。

脳のシステムの情報処理全体を、生物学的基盤に立ちつつ、情報学、確率論、物理学などを駆使して、理解しようとするのが計算論的神経科学。

計算論的神経科学を発展させたものが神経経済学(Neuroeconomics)であるということが出来る。

脳の構造

機能
脊髄 spinal marrow反射(膝蓋腱反射、瞳孔反射、瞬目反射)、
いくつかの反射が複合した複合運動、
本能的行動(生得的行動)
脳幹 brain stem本能的行動instinctive behavior(生得的行動 innate behavior)を司る。
視床下部(hypothalamic)に報酬系と嫌悪系がある。
小脳 cerebellum大脳皮質下において大脳基底核と並び重要な回路。
学習機能を持つ。
外部からの信号は小脳核を抜ける場合(アクセル)と小脳皮質の苔状繊維、顆粒繊維、平行繊維、そしてプルキンエ細胞を経て抑制(ブレーキ)のかたちで小脳核にいたる場合がある。
大脳 brain/cerebrum
大脳基底核 basal nucleus行動選択や運動抑制に関係が深い。
入力核として線条体 striatum 、側坐核 nuclues accumben があり、出力核として淡蒼球内節部 globus pallidus internal segments[GPi]、黒質網様部 substantia nigra pars reticulata[SNr]からなる。
大脳辺縁系 limbic cortex大脳辺縁系の扁桃体(amygdala)は、脳幹視床下部の報酬系と嫌悪系の働きを調整する機能を持つ。
新皮質 neocortex

脳の神経回路の構成要素

  • ニューロン neuron
  • シナプス synapse

意思決定 decision making

意思決定は、

  • 価値に基づく意思決定 value-based decision making
  • 知覚に基づく意思決定 perceptual decision making

に大別できる。

Montague PR,King-Casas B and Cohen JD(2006) Imaging valuation models in human choice,Annu Rev Neurosci 29:417-448

Rangel A,Camerer C and Montague PR(2008) A framework for studying the neurobiology of valeu-based decision making.Nat Rev Neurosci 9:545-556



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-25 (木) 20:54:12 (3468d)