三重県

蟠龍櫓

http://www.digistats.net/image/2008/10/banryu.jpg

歌川広重の「東海道五十三次」にも描かれた桑名城の櫓の一つ。海上の名城と言われた桑名城には江戸時代の元禄期には何と51もの櫓があったという。その中でも東海道の七里の渡しの近くにある蟠龍櫓は正保(1644-48)年間には既に絵図に描かれている。現在の蟠龍櫓は再建されたものであるが木曽三川の揖斐川に良く映える。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:27:32 (3495d)