竹腰家

  • 尾張徳川家附家老。

美濃今尾(藩) 3万石

当主官位・通称出自
初代竹腰正信 Masanobu竹腰正時の長男。母は志水宗清の娘(お亀の方)。正室は大久保忠隣の養女(孫)の春。初代尾張藩主徳川義直の異父兄。
2代竹腰正晴 Masaharu従五位下 山城守竹腰正信の次男。正室は能見松平英親の養女(一柳直興の娘)。
3代竹腰友正 Tomomasa従五位下 筑後守竹腰正晴の長男
4代竹腰正映 Masaakira従五位下 山城守竹腰正信の三男・竹腰正辰の長男
5代竹腰正武 Masatake従五位下 山城守石河章長の四男。竹腰友正の養子。
6代竹腰勝起 Katsuoki従五位下 山城守尾張藩主徳川宗勝の八男。正室は脇坂安興の娘。
7代竹腰睦群 Chikamura従五位下 山城守竹腰勝起の長男。正室は脇坂安親の娘。
8代竹腰正定 Masayasu従五位下 山城守竹腰睦群の長男。正室は柳沢里之の娘。
9代竹腰正富 Masatomi兵部少輔竹腰正定の長男。
桜田門外の変をきっかけに失脚。
10代竹腰正舊 Masamoto従五位下 伊予守三河田原藩主三宅康直の四男。竹腰正富の養子。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:01:34 (4472d)