23区

石川雅望墓

http://www.digistats.net/image/2009/02/senzo.jpg

東京は台東区の蔵前の榧寺こと正覚寺の境内にある都旧跡。石川雅望は小伝馬町生まれの江戸時代の俳諧師で六樹園とも五老斎、逆旅主人とも号した。

唐衣橘洲・朱楽菅江と共に狂歌三大家と言われる蜀山人の弟子として宿屋飯盛という名で狂歌も作っている。宿屋というのは、自分の実家の旅館糟屋に因む。

ちなみに、父親の七兵衛は石川豊信と号した画家でもある。彼の芸術家としての側面は父親譲りと言えるだろう。

晩年は強訴を助けた罪で江戸を追われ多摩の府中に居を移した。1830(文政13)年に78歳の生涯を閉じ蔵前の地に葬られた。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:01:17 (3865d)