京都府

生の六道

http://www.digistats.net/image/2008/01/sei.jpg

小野篁が冥界へと赴く際の入り口が洛東の六道珍皇寺なら、こちらは出口。清涼寺の境内にある。小野篁(802-853)は、毎晩毎晩、冥界へと赴き、昼間は昼間で朝廷に仕えたという。伝説によると180センチを越える巨漢だったということから想像するに、非常にバイタリティに溢れた人物だったのだろう。こちらの出口のほうは既に穴が無いのが残念。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:00:54 (3939d)