歴史年表>室町幕府歴代将軍>歴代鎌倉公方/歴代関東管領

犬懸上杉邸跡

http://www.digistats.net/usakoji/image/zenshu.jpg

金沢街道から一本入った田楽辻子に面したところにある。

関東管領上杉氏憲の邸跡。

氏憲は朝宗の子で、上杉禅秀として知られる人物。上杉憲定の後に関東管領に就任。ところが、若い鎌倉公方の足利持氏は禅秀に反発。山内上杉氏の憲基を重用。抗議のために禅秀が関東管領職を辞任すると、山内上杉憲基を関東管領に任命。

犬懸家と山内家は同じ上杉家でもライバル関係にあったため、禅秀は猛烈に反発。持氏の叔父の足利満隆(新御堂殿)、持氏の弟の持仲とともに「上杉禅秀の乱」を起こす。

しかし、京の将軍足利義持の命を受けた上杉房方(1367-1421;関東管領山内上杉憲方の子)、駿河国の今川上総介範政(1346-1433)の鎌倉侵攻によって鎌倉雪ノ下で自害。犬懸上杉氏は事実上滅んだ。

http://www.digistats.net/usakoji/image/nagoe.gif


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:00:48 (3501d)