四姓

源氏

http://www.digistats.net/image/2008/01/touru.jpg
光源氏のモデルとも言われる源融(822-895)の墓所

源氏というと、鎌倉幕府を開いた源頼朝、室町幕府を開いた足利尊氏、そして、江戸幕府を開いた徳川家康の清和源氏が有名。 もっとも、徳川家康の場合は諸説ある。

それは、置いておくとしても、一口に源氏とは言っても、実は全部で二十一もの流れがあるとされる。

いづれも、律令制度が荒廃し日本全国に荘園という私領が増加し、天皇家の収入が減り皇室財政が逼迫、多くの子女を養うことが困難になったことに原因を発している。 「源」という姓を与えて皇籍を離脱させ自立させることは、こうした皇室財政の圧迫への対処であったと言える。

財政逼迫に拍車を掛けたのは桓武天皇による2度の遷都と蝦夷征伐。思えば、清和源氏の嫡流は東北地方における軍功によって、武家の棟梁としての地位を確立した。その源氏の遠い根源を求めれば桓武天皇による蝦夷征伐に辿り付くというのも因縁というものであろうか。その桓武天皇の御子の嵯峨天皇こそが源氏を作り出した最初の人。

814(弘仁5)年、嵯峨天皇は信・弘・常・明の四皇子と貞姫・潔姫・全姫・善姫を臣籍降下させた。続いて、寛・定・鎮・生・澄・安・清・融・勤・勝・啓・賢・継の十三皇子と更姫・若姫・神姫・盈姫・声姫・容姫・端姫・吾姫・密姫・良姫・年姫の十一皇女を臣籍降下。合計32人と全50御子のうち半数以上を臣籍降下させたことになる。

律令制度の「継嗣令」では六世から、それまでの前例からでも天皇の孫に当たる第三世からとなっていた。

これらの前例を破った嵯峨天皇は臣籍降下させた合計32人に一律に「源」の姓を与えた。この「源」というのは『魏書』の「源賀伝」にある南北朝・北魏の3代太武帝(世祖;拓跋燾[408-452])が五胡十六国のひとつ南涼の最後の王で同族の禿髮傉檀の子・禿髮破羌(賀)に「卿と朕とは同源である。区別するために姓を分け、今から源氏とすべし」として源賀と名乗らせたという逸話を下敷きにしたとも考えられている。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:00:35 (3474d)