青森県>浪岡

浪岡八幡宮

http://www.digistats.net/image/2010/05/nami_3.jpg

793(延暦12)年に坂上田村麻呂が創建したという伝承を持つ古社。誉田別尊を祀る。すぐ東に位置している浪岡城の鎮守としても役割を担っていた。

現在でも、北畠祭が行われている。この祭りは競馬(くらべうま)を行うもの。貴族出身の北畠氏が京都から持ち込んだものだろうか。いろいろと想像出来る。

津軽為信の祖父である大浦政信が丑の刻参りをし法螺貝を得たという。その法螺貝を鳴らすと敵無しだったという。その孫の津軽為信が津軽の統一を出来たのも、この霊験によると伝えられている。その津軽為信が浪岡御所を滅ぼしたのだから皮肉なものである。

浪岡城の落城後、鎮守である浪岡八幡宮も荒廃を余儀なくされたことだろう。

しかし、弘前藩2代目藩主の津軽信牧が1614(慶長19)年に再興している。

http://www.digistats.net/image/2010/05/nami_3.jpg


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-29 (土) 22:08:46 (4506d)