正規分布(Normal Distribution)

n>>0のとき、x>>0 とする。
このとき、ベルヌーイ分布の確率関数

http://www.digistats.net/image/2009/08/math0001.jpg

の自然対数をとったものを g(x) とおく、q=1-p であることに注意すると、

http://www.digistats.net/image/2009/08/math0002.jpg

ここで、x>>0 (x は十分大きな自然数)なので、x が 1だけ増加しても ln x! はわずかしか増加しない。

つまり、Δx=1 における平均変化率を ln x! の微分係数と見なすことが出来る。

http://www.digistats.net/image/2009/08/math0003.jpg
http://www.digistats.net/image/2009/08/math0004.jpg


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-19 (金) 23:59:41 (3983d)