柳生家

大和柳生藩 1万2千石→(8千3百石)→1万石

藩主官位・通称出自
初代柳生宗矩 Munenori従四位下 但馬守柳生宗厳(石舟斎)の五男。
石舟斎は太閤検地の際に抵抗し領地を失う。後、徳川家康に仕え旧領2千石を得る。徳川秀忠・徳川家光の剣術師範役として大名に列する。
2代(柳生三厳 Mitsuyoshi)-柳生宗矩の長男。通称・十兵衞。弟・宗冬との間で遺領を分割し旗本となる。
3代柳生宗冬 Munefuyu従五位下 飛騨守柳生三厳(十兵衞)の弟。兄の死後、遺領を相続し、柳生家は再び大名に列する。
4代柳生宗存 Muneari従五位下 対馬守柳生宗冬の二男
5代柳生俊方 Toshikata従五位下 備前守柳生宗冬の長男・柳生宗春の子
6代柳生俊平 Toshihira従五位下 但馬守伊勢桑名藩主松平(久松)定重の十一男。正室は稲葉恒通の娘。
7代柳生俊峯 Toshimine従五位下 但馬守信濃松代藩主真田信弘の四男。
8代柳生俊則 Toshinori従五位下 但馬守松前藩主松前邦広の二男。。正室は柳生俊峯の娘。
9代柳生俊豊 Toshitoyo従五位下 但馬守大和郡山藩主柳沢保光の六男
10代柳生俊章 Toshiakira従五位下 但馬守柳生俊豊の長男。正室は田沼意正の娘。
11代柳生俊能 Toshiyoshi従五位下 飛騨守遠江相良藩主田沼意正の子。田沼意次の孫。
12代柳生俊順 Toshimune従五位下 但馬守高家旗本武田信之の二男。正室は木下俊敦の娘。
13代柳生俊益 Toshimasu従五位下 但馬守・柳生俊順の実弟。正室は四辻公績の娘・富子。継室は四辻公績の娘・多鶴子。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-19 (金) 23:59:20 (4468d)