ルーツ

松平(久松)家(康俊系)

出自

  • 菅原道真後裔。
  • 菅原定範:尾張国知多郡目代として斯波高経、氏経に属す。
  • 定範の弟菅原道定:兄が九州で戦死後、尾張国知多郡阿古屋乃庄7000貫を得る。
  • 知多郡阿古屋乃庄は祖である菅原久松麻呂配流の地。このため、久松を称する。

松平(久松)家の始まり

  • 水野忠政の娘お大:今川方の松平広忠に嫁ぎ松平元康(後の徳川家康)を産む。
    • 水野忠政が今川方を離れ織田信秀に属したことにより、今川方の松平広忠はお大を離縁。
    • お大は、水野家家臣で阿古屋城主久松俊勝の後妻となり、康元・康俊・定勝を産む。
  • 徳川家康は自分の異父弟に松平姓を名乗らせる。
    • 松平(久松)康元:下総関宿2万石
    • 松平(久松)勝俊:下総多古1万石
    • 松平(久松)定勝:遠州掛川3万石→伊勢桑名14万石

系譜

http://www.digistats.net/image/2008/10/hsmtsu.jpg

下総多古藩 1万2千石

藩主官位・通称出自
城主松平(久松)勝俊 Katsutoshi久松俊勝三男
松平(久松)勝政 Katsumasa松平(久松)勝俊の子
松平(久松)勝義 Katsuyoshi松平(久松)勝政長男
松平(久松)勝忠 Katsuyuki松平(久松)勝義二男
初代藩主松平(久松)勝以 Katsuyuki従五位下 豊前守松平(久松)勝義九男
2代松平(久松)勝房 Katsufusa従五位下 美濃守松平(久松)勝政長男
3代松平(久松)勝尹 Katsutada従五位下 大蔵少輔勝房の祖父勝忠の弟勝秀の子である旗本久松勝久長男
4代松平(久松)勝全 Katsutake従五位下 豊前守松平(久松)勝尹長男
5代松平(久松)勝升 Katsuyuki従五位下 中務少輔松平(久松)勝全次男
6代松平(久松)勝権 Katsunori従五位下 相模守近江彦根藩主井伊直中九男
7代松平(久松)勝行 Katsuyuki従五位下 豊後守松平(久松)勝権長男
8代松平(久松)勝慈 Katsunari従五位下 豊前守松平(久松)勝行長男


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:26:57 (4468d)