ルーツ北国諸藩

有馬家(晴信系)

肥前日野江(島原)藩

藩主官位・通称出自
初代有馬 晴信 Harunobu従五位下 修理大夫有馬義貞の次男。
龍造寺隆信の圧力を受け従うが、島津義久の後援によって沖田畷の戦いで龍造寺隆信を討つ。続いて、豊臣秀吉の九州征伐時に島津義久と袂を別って秀吉に従った。
文禄・慶長の役では小西行長軍に従軍。
関が原の戦いでは西軍に与するも西軍が敗れると寝返り、小西行長の宇土城を攻め、その功績によって旧領安堵。
マカオにて有馬家朱印船の水夫数十名がポルトガルのマードレ・デ・デウス号船員によって殺害。有馬晴信は家康の許可を得て長崎に寄航していたマードレ・デ・デウス号を撃沈。その後、本多正純の与力で目付役として派遣されていた岡本大八が旧有馬領の藤津・杵島・彼杵三郡の鍋島領の復帰斡旋の詐欺行為を働く。事件発覚後、岡本大八は火刑。有馬晴信も贈賄の罪によって改易され甲斐に流罪となり切腹を命じられた。この事件の裁決を行ったのが本多正純と大久保長安。
2代有馬 直純 Hirotaka従五位下 左衛門佐有馬晴信の子。父・晴信に連座すべきところ、徳川家康の嫡男・信康の孫娘・国姫(桑名藩主本多忠政の娘)を正室としていたことから家督相続を認められる。

日向延岡藩 5万3千石

藩主官位・通称出自
初代有馬直純 Hirotaka従五位下 左衛門佐有馬晴信の子。幕命により島原領内のキリスト教徒を弾圧。キリスト教徒の異母弟も殺害している。その壮絶な弾圧に耐えかね延岡への転封を願い出た(1614[慶長19])。1637(寛永14)年の島原の乱では幕命により4000余名を率いて旧領で戦う。
2代有馬康純 Yasuzumi従五位下 左衛門佐有馬直純の長男
3代有馬清純 Kiyozumi従五位下 左衛門佐有馬康純の長男。1690(元禄3)年、山陰・坪谷村一揆の責を受け無城大名に格下げ(一旦除封)。

越後糸魚川藩 5万石

藩主官位・通称出自
初代有馬清純 Kiyozumi従五位下 周防守有馬康純の長男

越前丸岡藩 5万石

藩主官位・通称出自
初代有馬清純 Kiyozumi従五位下 周防守有馬康純の長男
2代有馬一準 Kazunori従五位下 左衛門佐有馬清純の長男
3代有馬孝純 Takazumi従五位下 日向守有馬一準の長男
4代有馬允純 Masazumi従五位下 左衛門佐有馬孝純の長男
5代有馬誉純 Shigezumi従五位下 左衛門佐有馬允純の長男
6代有馬徳純 Norizumi従五位下 左衛門佐越後高田藩主榊原政令の子。有馬誉純の四女・修敬院を正室とする。
7代有馬温純 Haruzumi従五位下 日向守有馬誉純の二男戸田純佐の長男
8代有馬道純 Michizumi従五位下 左衛門佐播磨山崎藩主本多忠鄰の二男


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:10:00 (4472d)