義家流(新田流)

新田家(1)

年表

西暦元号月日事蹟
1155久寿26/26源義国が新田郡内にて亡くなる。新田郡岩松郷の青蓮寺に葬られる。
8/16鎌倉悪源太義平が叔父・源義賢を武蔵大蔵館に攻め討ち取る。
これにより、源姓足利氏を包囲していた藤姓足利氏、武蔵秩父党、源義賢の一画が崩れる。
これに先立って源義国は長男・新田義重の娘を鎌倉にいた源義平に嫁がせている。
1156保元1【保元の乱】が勃発。
後白河天皇(藤原忠通、信西、平清盛、源義朝)VS崇徳上皇(藤原頼長、平忠正、源為義)
新田義重の弟・足利義康が源義朝に従って参戦。勝利後、足利義康は上野介・従五位下に叙任される。
1157保元23/8正三位左衛門督藤原忠雅(北家)を領家とする上野新田荘が成立。新田義重は下司となる。藤原忠雅の息子・兼雅は平清盛の義理の息子。また、藤原北家を主君とするのは清和源氏の伝統でもあり、名も実も立てた形。
【秩父足利合戦】
新田義重が藤姓足利氏・秩父氏らと本格的に武力衝突。渡良瀬川の強行渡河作戦によってこれを打ち破った。
1159平治112/9【平治の乱】
信西・平家一門VS二条親政派・後白河院政派。
源義朝・義平父子は敗死。源頼朝は伊豆へ配流。
1161永暦25/1梁田御厨訴訟で源姓足利氏が藤姓足利氏に勝利。
1170嘉応2新田義重は平宗盛の家人として隆盛を極める。
新田荘は現在の太田、尾島、新田、藪塚、東、笠懸から桐生、新里、赤堀、境の一部と伊勢崎、玉村、深谷、妻沼の一部に及んでいた。さらに、上野八幡荘(榛名、里見、豊岡、寺尾)、山名郷も領した。新田義重はこれらの所領を息子達に与え里見、山名、世良田(得川)、額田などの庶流が成立した。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:26:36 (3985d)