奥州戦国大名家

斯波氏

斯波氏(武衛家)歴代当主

初代足利(斯波)家氏足利宗家4代足利泰氏の長男。弟の足利頼氏が足利宗家を承継。坂上田村麻呂が築いた志波城(盛岡市太田方八丁)に由来する紫波郡を領有したことが斯波の名乗りの始まり。
2代斯波宗家父と同じく足利本家とは別に御家人として鎌倉幕府に列する。
3代斯波宗氏妻は大江時秀の娘。早世。
4代斯波高経足利尊氏の挙兵に従う。観応の擾乱では足利直義に付き尊氏と戦う。2代将軍・足利義詮の代に細川清氏の後、子の斯波義将を執事(管領)職に、五男の義種を小侍所の頭人、孫の義高を引付衆に据え斯波氏の地位を高めた。後に、佐々木(京極)道誉、赤松則祐と対立し幕府を追われる。越前杣山城にて死去。
5代斯波義将室町幕府初代、3代、5代、7代管領。兄の奥州総大将・関東執事・斯波家長は南朝の北畠顕家によって鎌倉にて討ち死にしている。義将以降の斯波宗家は多く左衛門督となったので兵衛督の唐名に因んで武衛家と呼ばれるようになっていく。
6代斯波義教父・義将の庇護のもとで幕政を取り仕切る。義将の死後は畠山満家、細川満元が管領となる。有力家臣である甲斐、朝倉、織田氏の台頭を許した。また、従兄弟の斯波満種が室町将軍・足利義持に退けられ富樫氏が加賀守護となる等、斯波氏の栄光に落日が始まる。
7代斯波義淳足利義持、足利義量、足利義教の3代の将軍に仕える。しかし、義教の代に管領の辞任を再三申し出るも許可されず。嫡男・義豊が先立っていたため、異母弟の持有へ家督相続を決めていたものの、これも、将軍・足利義教の介入によって、斯波義郷に替えられる。
8代斯波義郷6代将軍足利義教の命によって還俗し斯波氏の家督と、越前・尾張・遠江の守護職を継承。三条中納言宅からの帰途に落馬しら落命。かつての、源頼朝の死を彷彿とさせる。
9代斯波義健幼少にして家督を承継したため、叔父の斯波持有、次いで分家の斯波持種と執事の甲斐常治の後見を得る。駿河守護・今川範忠と遠江を巡り争う。死後、斯波義廉と斯波義敏による家督争いが起こる。
10代斯波義敏庶流である大野斯波氏の父・持種とともに斯波家を支えてきた越前・遠江守護代・甲斐常治と対立。将軍・足利義政の調停にも関わらず、義敏派の堀江利真と常治派の朝倉孝景が干戈を交える事態に発展(長禄合戦)。朝倉孝景の活躍により守護代側が勝利。幕府による関東出兵を拒否して合戦に及んだ義敏は将軍により追われた。
11代斯波松王丸
12代斯波義廉
13代斯波義敏(再)
14代斯波義廉(再)
15代斯波義敏(再)
16代斯波義寛(再)
17代斯波義達
18代斯波義統尾張下四郡守護代・織田信友によって殺害される。
19代斯波義銀織田信長に命じて尾張下四郡守護代・織田信友を討伐。織田信長の仲介によって、三河の吉良氏・駿河の今川氏と足利氏盟約を結ぶ。後、吉良氏と結んで織田信長に対抗しようとしたため、尾張を追放された。ここに武衛家と称された名門斯波氏は事実上滅亡した。なお、武衛家京屋敷は室町幕府最後の将軍・足利義昭の居所とされた。その織田信長に従属するようになると津川義近と名を改めた。大聖寺城城代の津田義忠は子という。その他の子で津川姓を名乗った者は熊本藩細川家に仕えた。同じ足利一門の好みということか。

系譜

http://www.digistats.net/image/2010/07/shiba.gif

http://www.digistats.net/image/2010/08/shiba_16.gif

高水寺家



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-16 (月) 14:49:56 (2596d)