http://www.digistats.net/z/index.php?%C5%FD%B7%D7%B3%D8 http://www.digistats.net/z/index.php?%C5%FD%B7%D7%B3%D8

平均・分散と正規分布

  • 平均が 0.5、1.0、1.5 、分散が 2.0、1.0、0.5 の正規分布をプロット。
  • x に -5 から 5 まで 500 個のデータを入力
     > x=seq(-5,5,length=500)
  • 次に3つの平均の値を m に入力。
    > m=c(0.5,1.0,1.5)
  • 同じように3つの分散の値を s に入力。
     > s=c(2,1,0.5)
  • 空の行列 y に3つの平均、分散から正規分布の密度を入力。
     > y<-matrix(0,nrow=500,ncol=3)
     > for(j in 1:3){d<-dnorm(x,mean=m[j],sd=s[j])
     + y[,j]<-d }
  • y の値をプロット。
     > matplot(x,y,type="l",lty=1,col=1:3,ylab="density")
  • グラフに凡例を追加。凡例はグラフの x の目盛の -4.0 のところから書く。
     > legend(-3.5,0.5,paste("mean=",m,"sd=",s,sep=""),col=1:3,lty=1,bty="n")
  • 最後に目盛線を点線で追加。
     > abline(h=0,v=0,lty=3)

    http://www.digistats.net/image/2008/03/sd2.gif


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:25:57 (4471d)