市橋家

美濃国今尾藩 1万1千3百石

藩主官位・通称出自
初代市橋長勝 Nagakatsu下総守美濃国豪族・市橋長利の長男。正室は浅井某の娘。
織田信長、羽柴秀吉家臣。

伯耆矢橋藩 2万3千石

藩主官位・通称出自
初代市橋長勝 Nagakatsu下総守美濃国豪族・市橋長利の長男。正室は浅井某の娘。
関が原の戦いにて、西軍の丸毛兼利の福束城を落とした功により加増。

越後三条藩 5万石→2万石

藩主官位・通称出自
初代市橋長勝 Nagakatsu下総守美濃国豪族・市橋長利の長男。正室は浅井某の娘。
大阪の陣の功績により加増。
嗣子が無かったため一旦収公。後、甥で養子の市橋長政が名跡取立て。
2代市橋長政 Nagamasa従五位下 下総守 伊豆守林右衛門左衛門の三男。母は市橋長利の娘。正室は小山田茂誠の娘。

近江仁正寺藩 2万石→分知により1万8千石

藩主官位・通称出自
初代市橋長政 Nagamasa従五位下 下総守 伊豆守林右衛門左衛門の三男。母は市橋長利の娘。正室は小山田茂誠の娘。
2代市橋政信 Masanobu従五位下 下総守市橋長政の長男
3代市橋信直 Nobunao従五位下 下総守市橋政信の弟・旗本市橋政直の長男
4代市橋直方 Naokata従五位下 壱岐守越後新発田藩主溝口重雄の三男
5代市橋直挙 Naotaka従五位下 下総守筑後三池藩主立花種明の二男・立花種盈の長男。母は毛利家。正室は市橋直方の娘。
6代市橋長璉 Nagateru従五位下 伊豆守豊後臼杵藩主・稲葉菫通の次男。母は中原家。正室は松浦誠信の娘。
7代市橋長昭 Nagaaki従五位下 下総守市橋長璉の長男
8代市橋長発 Nagaharu従五位下 伊豆守市橋長昭の長男
9代市橋長富 Nagatomi従五位下 主殿頭出羽庄内藩主酒井忠徳の子。正室は南部信真の娘。
酒井家と市橋家は縁戚関係に当たるため長発の養子となった。
10代市橋長和 Nagakazu従五位下 下総守出羽庄内藩主酒井忠器の子


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:25:55 (4471d)