島津家(相州家)

日向佐土原藩 2万7千石

藩主官位・通称出自
初代島津以久 Mochihisa従五位下 右馬頭相州家4代当主・島津忠将の子。
相州家は島津宗家9代当主・島津忠国の長庶子である島津相模守友久を祖とする。
母は佐多久親の娘。正室は北郷時久の娘。
2代島津忠興 Tadaoki従五位下 右馬頭島津以久の三男。正室は丹生氏。
3代島津久雄 Hisataka従五位下 右馬頭島津忠興の長男。正室は島津光久の娘・徳雲院(御満)。継室は島津久茂の娘(島津光久の養女)。
4代島津忠高 Tadataka従五位下 飛騨守島津久雄の長男。母は島津光久の娘。正室は亀井茲政の娘。早世したが、子の万吉丸(後の島津惟久)は幼少であり、従兄弟の島津久寿が養子として家督相続。
5代島津久寿 Hisatoshi従五位下 式部少輔島津忠高の叔父・島津久富の長男。島津忠高の子・島津惟久が幼少であったため中継ぎとして擁立される。
島津惟久に家督を渡した後、惟久より3000石を島之内に分与されて大身旗本となる。
6代島津惟久 Korehisa従五位下 淡路守島津忠高の長男。母は竹井満直の娘・松寿院。正室は酒井忠隆の娘。継室は島津綱貴の養女(島津久供の娘)。
7代島津忠雅 Tadamasa従五位下 加賀守島津惟久の三男。母は島津久供の娘。正室は鳥居忠瞭の娘。
8代島津久柄 Hisamoto従五位下 淡路守島津忠雅の三男。母は鳥居忠瞭の娘。正室は島津重豪の義妹・叔母(島津貴儔の娘)。
9代島津忠持 Tadamochi従五位下 淡路守島津久柄の三男。正室は島津久徴の娘(島津重豪の養女)・明子。
10代島津忠徹 Tadayuki従五位下 筑後守島津忠持の長男。正室は島津斉宣の娘・随姫(祝姫、随真院)。
11代島津忠寛 Tadahiro従五位下 淡路守島津忠徹の二男。母は島津斉宣の娘。正室は奥平昌高の娘。継室は戸田光庸の娘・孝。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:25:52 (4470d)