愛知県

実相寺

http://www.digistats.net/image/2009/07/jisou.jpg

愛知県は西尾にある古刹。1271(文永8)年に吉良長氏の子・西条城主・吉良満氏が京都・東福寺の開山である聖一国師を招いて開山とし、吉良家の菩提寺とした。足利将軍家の勢力が健在の頃は実相安国寺として隆盛を極めた。しかし、後に荒廃。今川義元の軍師・太原雪斉によって再興されるも、桶狭間にて義元が討たれると織田信長によって焼き払われた。なお、現在の釈迦堂は天正年間(1578-92)に徳川家康の家臣・鳥居元忠が遠江から移築したものという。徳川家は足利の縁戚である新田の世良田家を出自として名乗っている。三河の地は北関東と深く結びついている。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:25:19 (4472d)