土岐家 沼田藩

3万5千石、譜代、帝鑑間、城主

略史

沼田は真田信之が城主を勤めた地。真田信之の父昌幸は関ヶ原の戦いで徳川秀忠を立ち往生させた人物。父親と袂を別った真田信之は本多忠勝の娘を妻とし、徳川家と固く結んだ。真田家は沼田の他に信濃国上田藩を領したが沼田藩主家は信利の時、1680(延宝8)年の江戸の隅田川に架かる両国橋の改修の負担で茂左衛門の直訴が行われ、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって改易となった。

真田家の後、天領時代を経て、老中本多正永(2万石)、黒田家と続いて老中土岐頼稔が駿河田中藩より入った。頼潤の代、1783(天明3)年には浅間山の大噴火があり飢饉も発生。中絶を防止するために「養育大世話人」制度を設け養育費の支給を行い、1828(文政11)年には下牧村玉泉寺、沼田長寿院、屋形原村実相院によって「小児養育冥加金」の制度が設けられるなど、福祉先進国として知られた。

1869(明治2)年時点の藩内人口は42,400人、うち士族は1,660人(含家族)。

歴代藩主

歴代藩主官位・通称出自
初代土岐頼稔 Yoritoshi従四位下 丹後守 侍従土岐頼殷の三男
2代土岐頼煕 Yorioki従五位下 伊予守土岐頼稔の長男
3代土岐定経 Sadatsune従四位下 美濃守土岐頼稔の五男
4代土岐頼寛 Yorihiro従五位下 伊予守土岐定経の二男
5代土岐定吉 Sadayoshi従五位下 美濃守土岐定経の三男
6代土岐定富 Sadatomi-土岐定経の五男
7代土岐頼布 Yorinobu従五位下 山城守土岐定経の七男
8代土岐頼潤 Yorimitsu従五位下 山城守備後福山藩主阿部伊勢守正倫の五男
9代土岐頼功 Yorikatsu従五位下 山城守信濃飯田藩主堀右兵衛尉親長の九男
10代土岐頼寧 Yoriyasu従五位下 伊予守土岐頼潤の五男
11代土岐頼之 Yoriyuki従五位下 山城守伊勢桑名藩主松平(久松)定永の九男
12代土岐頼知 Yorioki従五位下 隼人正土岐頼功の三男

系譜

http://www.digistats.net/image/2007_05/toki.gif


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:07:57 (3472d)