愛知県城郭史

吉田城址

http://www.digistats.net/image/2009/09/ysd.jpg

一色城主・牧野氏が駿河守護・今川氏の命によって、西三河の松平氏に対する備えとして今橋城として築城。

豊川を北面にして、本丸、二の丸、西の丸、三の丸からなる半輪郭式城郭。

松平氏以外にも、田原の戸田氏からの脅威に晒され、今川義元は小原鎮実を城代としていたが、桶狭間直後に徳川家康によって落城。

1590(天正18)年に豊臣秀吉によって徳川家康が関東に移封されると、池田輝政が15万2千石で入り城郭の拡張を行った。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-07 (水) 20:46:09 (3336d)