奥州戦国大名家

厨川工藤家

事蹟

藤原常陸介惟幾940
天慶3
【平将門の乱】藤原貞盛を平将門追討使に任命し、その叔父藤原惟幾を常陸介に任じて東下し、平 将門を追討。
平 将門は、前年、陸奥国府の藤原惟幾を襲撃し印鎰を奪っている。
工藤為憲-平 将門の叔父で坂東八平氏の祖・平 良文(村岡五郎)の娘が藤原惟幾に嫁ぎ、工藤為憲が生まれる。
工藤伊東維織-藤原木工助助憲の末。伊豆押領使として伊東庄に住し伊東を称する。
工藤裕経1185
文治元
源 頼朝の御家人の一人として、三河守源 範頼、天野内藤遠景とともに西上。豊後に渡る。
工藤行光1189
文治5
工藤維職の弟・景任の後裔工藤庄司景光の子小次郎雪行光は、源 頼朝の奥州征伐に従軍。岩手郡厨川に所領を与えら定住する。
1190
建久元
源 頼朝より日向国地頭職、陸奥国鞭指庄を賜る。
1193
建久4
【曾我の仇討】かつて、工藤裕経は所領争いから従兄弟の裕親の子裕通を討った。その裕通の遺児・十郎裕成、五郎時致によって富士の裾野の狩場にて討ち取られる。
工藤裕時
工藤裕経の子
1198
建久9
日向国地頭職を賜る。
諸県庄450町、田嶋庄95町、富田庄80町、県庄120町、児湯郡240町を宛がわれ、一族庶子を代官として派遣。
初めて伊東を称する。
四男七郎左衛門尉裕明:田嶋庄に下向し田嶋殿と呼ばれる。
七男九郎裕景:富田庄、県庄を領し門川殿と呼ばれる。
八男余一裕頼:諸県庄のうち木脇を領し木脇殿と呼ばれる。
工藤祐朝-工藤祐時の子。工藤左衛門次郎と称して津軽に定住。弟の弟祐光は三戸名久井として糠部郡に勢力を張った。
-1331
元弘元
【元弘の乱】後醍醐天皇の倒幕計画が失敗し、天皇は隠岐に流される。
この頃、工藤家は南部家に従って三戸郡坂牛村に住み坂牛を称した。
-1467
応仁元
【応仁の乱】勃発。
この頃、工藤家は南部家に仕える。また、九戸郡葛巻村に移り、葛巻・田頭・穴沢・杉沢の各家に分かれる。惣領家は厨川を称する。
-1471
文明3
室町幕府が伊達成宗らに古河公方足利成氏の討伐を命じる。
-1473
文明5
室町幕府が石川家に伊達成宗の討伐を命じる。
-1474
文明6
岩城親隆、岩城政朝が一揆を誓約。
-1482
文明14
葦名盛高が猪苗代城に入城。
-1483
文明15
伊達成宗が上洛し、室町幕府将軍足利義尚、義政に謁見。
-1484
文明16
葦名盛高が二階堂盛義を磐瀬城に攻める。
-1488
長享2
大崎義兼が家中騒動により伊達尚宗を頼る。
-1489
延徳元
伊達尚宗、葦名盛高、岩城重隆、結城政朝らが常陸国に侵攻し佐竹義治と干戈を交える。
-1491
延徳3
南部光信が津軽支配のために種里城に入城。
-1494
明応3
伊達尚宗が家中騒動により追放され葦名盛高のもとへ落ち延びる。
-1503
文亀3
葦名盛高、伊達尚宗が二本松の支配権を廻り猪苗代で対峙。伊達尚宗は越後上杉家に援軍を請う。
-1505
永正2
葦名盛高が子の葦名盛滋と干戈を交え、長井に落ち延びる。
-1506
永正3
葦名盛滋が会津黒川城に葦名盛高を襲撃。
-1523
永正10
砂越氏雄が武藤澄氏と田方郡で干戈を交え敗れる。
-1524
永正11
最上義定と伊達稙宗(将軍足利義稙から偏諱を受けていた)と長谷堂で干戈を交える。
-1523
大永3
伊達稙宗が陸奥国守護職に任ぜられる。
-1528
享禄元
葛西晴重の死後、伊達稙宗、葦名盛舜が葛西家の石巻城を攻略。以後、伊達稙宗の子・晴胤が葛西家の家督を相続。
-1533
天文2
伊達稙宗が土倉の規定を制定。
-1536
天文5
伊達稙宗が分国法「塵介集」を制定。
伊達稙宗が大崎義直を支援し古川城を攻める。
葦名盛氏と田村隆顕が同盟を結ぶ。
-1538
天文7
大崎義直が室町幕府将軍足利義晴に進物を献上。
-1539
天文8
南部安政が室町幕府将軍足利義晴から偏諱を受け晴政を名乗る。
-伊達稙宗が越後村上城主・本庄房長を攻める。
-1540
天文9
伊達晴宗が父・伊達稙宗を陸奥西山城に幽閉。
-最上義守が置賜郡に侵攻し伊達晴宗と干戈を交える。
-1541
天文10
【天文の乱】伊達晴宗とが父・伊達稙宗が干戈を交える。
伊達稙宗に呼応し、大崎義宣、葛西晴胤が伊達晴宗と干戈を交える。
佐竹義篤が伊達晴宗に与力し相馬顕胤と久保田で干戈を交える。
伊達稙宗が刈田、柴田郡に侵攻。
-1551
天文20
葦名盛氏・畠山尚国が結城晴綱の仲介によって田村隆顕と和睦。
-1555
弘治元
伊達晴宗が陸奥探題に補任される。
-1560
永禄3
最上義守が寒河江城主・大江兼広と干戈を交える。
-1562
永禄5
秋田愛季が扇田長岡城を攻め浅利則裕を討死させる。
-1566
永禄9
伊達輝宗と葦名盛氏が和睦。
-秋田愛季が南部晴政から鹿角郡を奪い手中に収める。
-1569
永禄12
南部晴政が秋田愛季から鹿角郡を奪い返す。
-1571
元亀2
大浦為信が石川城主・南部高信、和徳城主・小山内讃岐を攻める。
-1573
天正元
【室町幕府滅亡】
-1574
天正2
伊達輝宗と最上義光が村山郡千石で干戈を交える。
-1578
天正6
最上義光が上山満兼を討つ。
-1582
天正10
庄内尾浦城主・大宝寺義氏が秋田愛季と干戈を交える。
庄内尾浦城主・大宝寺義氏が最上郡の清水義氏を攻める。
【本能寺の変】
-由利衆が小野寺家を大沢に攻める。
-1583
天正11
秋田愛季が庄内地方に侵攻し大宝寺義氏と干戈を交える。
-秋田愛季が比内城主・浅利義正を檜山城に招いて謀殺する。
-1584
天正12
浅利頼平と大浦為信が比内地方に侵攻。
-1585
天正13
【高田原の変】伊達政宗との和睦会議の席上、畠山(二本松)義継が伊達輝宗を拉致。伊達政宗の追撃により、畠山(二本松)義継、伊達輝宗ともに討死。
-【仙道人取橋の戦い】伊達政宗が畠山家を支援する佐竹、葦名、岩城家と干戈を交える。
-1586
天正14
【有屋峠の戦い】小野寺義道が最上義光と干戈を交える。
-大浦為信が比内侵攻のために碇ヶ関道を開く。
-1587
天正15
【唐松野の戦い】秋田愛季と戸沢盛安が干戈を交える。
-1588
天正16
秋田実季が大浦為信の領内通行を拒否。
-佐竹義重が伊達政宗の郡山包囲を妨害。
-伊達政宗と最上義光が和睦する。
-本庄繁長が最上義光を破る。
-伊達、最上、佐竹家等が豊臣秀吉と徳川家康の仲介によって和睦する。
-1589
天正17
豊島道季が湊城で蜂起する。
-秋田実季と大浦為信が浅利与一を討伐。
-【摺上ヶ原の戦い】伊達政宗が葦名義広を破る。
-伊達政宗が会津黒川城に入城。
-豊臣秀吉が伊達政宗の葦名攻めに対して、上杉、佐竹家に伊達政宗討伐を命じる。
-伊達政宗が須賀川城を落城させる。
-豊臣秀吉が関東の雄・北条家の討伐を布告する。
-1590
天正18
秋田実季が南部信直から比内地方を奪還する。
-角館城主・戸沢盛安、津軽為信、伊達政宗、最上義光が小田原に参陣。
-豊臣秀吉が伊達政宗が攻め取った会津黒川城を没収。
-南部信直が小田原に参陣し津軽を安堵される。
-豊臣秀吉が上杉景勝、大谷義継に大宝寺領庄内三郡の検地を実施させる。
-【奥州仕置】豊臣秀吉が会津黒川城に入城。小田原に参陣しなかった 大崎義隆、葛西晴信、和賀忠親、田村宗顕、石川昭光,白河義親の所領を没収。最上義光、相馬義胤、秋田実季、津軽為信、南部信直、戸沢盛安の所領を安堵。伊達政宗は減封とした。
葛西・大崎領は木村吉清・清久に、会津は蒲生氏郷に与える。
-【葛西・大崎一揆】木村清久が名生城、木村吉清が寺池城に入るやいなや葛西氏・大崎氏らの旧臣が蜂起。木村親子はわずかな手勢とともに佐沼城に篭城。白河に滞陣していた浅野長政は、急遽、蒲生氏郷と伊達政宗に木村親子の救出を命じる。
名生城に入った蒲生氏郷は伊達政宗の家臣・須田伯耆より伊達政宗が一揆の背後にあるとの情報を得て、名生城篭城を決定。結局、伊達政宗が木村親子を救出。
豊臣秀吉は伊達政宗を疑うが無罪とする。しかし、伊達政宗の所領替えを実施。
-1591
天正19
【九戸の乱】九戸政実が宗家に当たる南部信直の諸城を攻める。
南部信直は豊臣秀吉に支援を依頼。豊臣秀吉は豊臣秀次を総大将とし蒲生氏郷や浅野長政、石田三成を派遣。小野寺義道・戸沢政盛・秋田実季、大浦為信らも加わって乱を鎮圧。
-伊達政宗が岩出山城に移る。
工藤豊前厨川城主として南部信直に仕える。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 00:23:57 (4468d)